読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TYPE-962 Camino Ring 1 Hour ☆ レース結果

f:id:sljamp:20150426123328j:plain
昨日5月5日に TYPE-962 Camino Ring di Enduro 1 Hour(カミノリング1時間耐久レース)が行われました。このレース状況と結果をお知らせします。

■SIMリスタで開始遅延?!
SLの定期的なSIMリスタートが20:40くらいにあり、レース前でホッとしたのも束の間、なかなか復旧せず、開始時間が遅れるところからイベントが始まりました。
この時間にドライバーズミーティングを行い、21:17にSIMが復旧したため、少し遅れて予選開始となりました。

f:id:sljamp:20150506072445p:plain

SIMリスタート直後はしばらくの間、SIMの状態が安定していないこともあるのですが予選開始後5分も経過すると選手のラップタイムも急激に縮まっていきました。

(予選)制限時間15分 給油量・回数制限なし
---------- Qualify Result ---------
1st : jyukoh Doobie T-962 [ 15.248180sec ]
2nd : Manji Nishizawa T-962 [ 15.467910sec ]
3rd : hisami Kanto T-962 [ 15.580540sec ]
4th : Ayumi Voom T-962 [ 15.783230sec ]
5th : AMW Racing T-962 [ 16.067520sec ]
6th : rumi Meili [ 16.139500sec ] ※トラブルでマシン交換
7th : Chiyaka Luik T-962 [ 16.316650sec ]
8th : LyttonHouse hinamizawaRT T-962 [ 16.941820sec ]
--------------------------------
給油量は自由のため、マシンがもっとも速い状態となる10%を給油してのアタックが基本となったと思います。とはいっても、マシンがかなり暴れる状態なのでこれだけの台数が走っているとドライバーもクリアラップがとれず大変だったようです。
この結果の順位でスタートを迎えます。

f:id:sljamp:20150506072413p:plain

決勝前。。。これから始まる1時間という長い長いレース前の緊張の一瞬です。
ここでドライバーズインタビューなのですが。。。マシンに乗り込みスタートを待つ緊張の中で答えてもらえるでしょうか。。。選手たちの一言コメントです。

グリッド1:jyukoh Doobie選手
「決勝ではテンパらないように、完走目指して頑張りますw」
グリッド2:Manji Nishizawa選手 ※クリエイター
「がんばります」
グリッド3:hisami Kanto選手
「ガス欠に気をつけますw」
グリッド4:Ayumi Voom選手
「レースが長いので寝ないように気をつけますw」
グリッド5:WakoWhite選手
「指が,持ちますように~,,, がんばりましょ~(* ̄0 ̄*)ノ オォー!!」
グリッド6:rumi Meili選手
「休憩しないで頑張りまつw」
グリッド7:Chiyaka Luik選手
「落ち着いていきますw」
グリッド8:Tadao Lytton選手
「走るシケインに気を付けろ!w」

意外と明るいコメントでした^^ この時はまだ誰が表彰台に乗るかはわかりません。期待と不安、勝利と敗北、このリスクをかけて8人の勇敢なドライバーの戦いが始まります!
(動画は私が記録用に撮影したもので、司会進行、実況、コース上のチェック、SS撮影なども同時に行っているため見難いですが、ご容赦ください^^)

【スタート前後】
www.youtube.com


【20分経過時点】

www.youtube.com

最終的にはリタイヤ。。。つまりガス欠ですが、やっぱりレースでは熱くなるのでしょう、8台中4台ほどは最後には速度が遅くなり、戦線離脱。そしてレース中には壁に刺さったり、というトラブルもありましたが、幸い大きな事故などでフルコースコーションになることもなく、スムースに進みました。

【タイムアップ5分前時点】

www.youtube.com

そして結果です。

(本 戦) 1時間 給油量100% 時間内1回給油可
---------- Race Result ---------
1st : hisami Kanto T-962   ( 3608.630000sec / 196laps ) finished
2nd : Manji Nishizawa T-962   ( 3604.429000sec / 190laps ) finished
3rd : AMW Racing T-962   ( 3637.650000sec / 188laps ) finished
4th : LyttonHouse hinamizawaRT T-962   ( 3608.317000sec / 186laps ) finished
5th : Chiyaka Luik T-962   ( 3612.561000sec / 182laps ) finished
6th : jyukoh Doobie T-962   ( 3642.782000sec / 181laps ) finished
7th : rumi Meili T-962   ( 3341.770000sec / 171laps )
8th : Ayumi Voom T-962   ( 3416.304000sec / 168laps )
--------------------------------

ジューコー選手、あゆみ選手は一時一位のひさみ選手に迫る活躍でしたが惜しくもトラブル、ガス欠などで後退、変わって最後の最後に浮上してきた、わこ選手、ただお選手が表彰台を飾り、ひさみさんは終始1位をキープして優勝をもぎ取りました☆

このひさみ選手の速さは絶対的で、1時間ずっと、一度も1位の座を明け渡すことがありませんでした。燃費を理解し、その中でマシンの性能を精一杯引き出す戦略を立て、レース中のさまざまなトラブルにもまれても確実に実行していく。。。これには主催であり962クリエイターのマンジさんも賞賛していました。
そのマンジさんは2位ですが、主催者なのでカウントはありませんw

f:id:sljamp:20150506090339p:plain

入賞者には賞金と、優勝には副賞であるManji Automotive Factoryの次期リリース予定の"TYPE-8"の目録が渡されました。後日発売と同時に新車が送られてきます^^
さらにマンジさんの提案で「ベストルッキング賞」も用意されました。
入賞はこちらです^^

f:id:sljamp:20150506091110p:plain
私の頭が入ってしまった画像ですみません^^;

サイドにはWakoさん自身が可愛く描かれています^^ 
こちらもTYPE-8が新車発売と同時にもらえる権利。。。目録が授与されました。

そして耐久レースの次回の予定は。。。まだ未定ですが、秋ごろに計画したいと思っています^^
今回、告知を知らずに参加できなかった方、出てみようかなと思われた方はぜひ次回挑戦してみてください☆

ご来場いただいたみなさん、そして1時間がんばった選手のみなさん、そしてSafety Carに乗り、サポートもしてくださったIzuさんに、心からお礼申し上げます✿
ありがとうございました。